【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.16』
2017年6月30日(金)〜7月1日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/アナログスイッチ/ストリーキング計画/笑の内閣
【予約】6月3日(土)よりこちらから

【脚本・演出】
アガリスクエンターテイメント『新宿コントレックスVol.17』
2017年7月28日(金)〜7月29日(土)@新宿シアター・ミラクル
【出演】アガリスクエンターテイメント/壱劇屋/小西耕一 ひとり芝居/日本のラジオ
【予約】6月30(金)より

【脚本提供】
ホットポットクッキングPresents『榊原さんは永遠に憂鬱なのかもしれない』
2017年7月26日(水)〜8月2日(水)@中野MOMO
【予約】こちら から

2015年09月09日

小劇場には向かないお芝居

ベタで一直線なシチュエーションコメディほど、小劇場演劇には似合わないのではないか?と思う夜。
舞台セットとか劇場のサイズにお金かかるって面だけじゃなくて、笑いの量って意味でも、出演者と観客が身近じゃない方がウケるんじゃないかと思う。「芸能人と一般客」になった方がウケる作風なのでは?

そもそも、人気・実力のある有名キャストと、お金をもってる紳士淑女が、(言い方悪いけど)「余剰の技術と余剰のお金を提供しあってつくる嗜み」なのでは?とか。

現代日本においてシチュエーションコメディってのは、無名の若者がやる「何が起こるかわからないぞ…!」って芝居を、同じく若者が千円札1,2枚握りしめて見に行くようなものじゃないんだよな。

そんなことを、ギリ小劇場の範囲だけど、人気俳優が出てる、それでいて脚本はどっかで見た作品のサンプリングのようなシチュエーションコメディを見て考える。

いや、大事なんだよ?あんまり演劇観ない俳優ファン・声優ファンが初めて劇場にきたときに、ちゃんとドカンとウケるシチュエーションコメディを上演しておくのは。

そんな中で、どインディーで金も大したキャリアもない20代・30代の小劇場劇団がどうやってこのジャンルに勝ち目を見出していくか、ってことを考えなきゃだ。


posted by 冨坂 at 04:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。